年齢は関係無い

年齢は関係無い

年齢は関係無い

資格取得に関しては、あまり役に立たないという意見もあります。
しかし私はそうは思えません。

将来を見据えて第二の人生を歩み出そうとしている30代以降の方であれば、手に職を持っているということがいかに大事なことかわかることだと思います。
代わりが効かない仕事が将来の安定に繋がるというのもご存知のはず。
その為の資格ですし、新しいことをチャレンジする為の武器と考えるのが普通だと思います。

実際に資格が無いと書類選考の時点で落とされてしまうパターンもあります。
業務経験なし、スキルなし、そして資格も無いのであれば手の打ちようがありません。
他のページでも書きましたが、業務経験とスキルは頑張り次第で何とかなります。
しかし資格を持っていない状況ではどうもならない事が多々あるはずです。

人生は何歳からでもやり直すことができると言います。
50歳からの転職というのも今のご時世では珍しくありません。
それほど世の中は不況だと言う事ではないでしょうか。

未経験の仕事に飛び込むのに早い遅いと考えるのは後回しにしましょう。
実際に日本は転職というものにあまり良いイメージを持っていません。
資格保持者は「スキルアップ=転職」これが当たり前の世界です。
自分がスキルアップしていけば、自分から会社を選べる立場になります。
自分にスキルさえあれば、どの会社も欲しがるわけですから、好待遇の企業を選ぶのは当たり前のお話です。

希望する専門分野の資格を取得し、どんどんスキルアップし、更に自分から企業を選ぶようにする。
それが資格の最大の魅力だと言えます。

福祉・介護という職種実務経験が問われる有資格者