未経験者でも怯まない

未経験者でも怯まない

未経験者でも怯まない

資格を持っていれば就職・転職に有利になる、これは確かにそうかもしれません。
しかし資格というものは実務経験者を求めている企業が多く、即戦力になる人材を求める傾向にあるのも確かだと言えます。

もし就職・転職をお考えの方であれば、今までの経験を活かした資格を取得するのか、全く新しい職種への資格を取得するのかで多少の差は出ると思います。
特に転職の際は大きく出るかもしれません。

実務経験やスキルといった即戦力は学歴以上に重視されます。
資格というのは学歴以上に実務経験が重視される、これは発想的にはとても転職に有利なことだと考えるべきでしょう。

人生を考え直すという意味で、転職を考えるのは30代の方達が多いです。
もちろんリストラに合ってしまい、40代、50代の転職というのもこのご時世では充分可能性がある時代になりました。

そういう意味では学歴はどうしようもできないこと。
学歴を取る為に再度学校に通ったりというのは時間やお金がかかることですし、よっぽどの覚悟が無いとできないことだと思います。
その為に資格というのは充分に武器になることであり、努力がそのまま自分に返ってくるチャンスでもあると思うべきでしょう。

資格取得者でも、最初から実務経験を踏んでいる人は皆無です。
いくら転職に有利な資格を持っていたとしても最初は皆さん未経験者なわけですから。
そう考えれば、未経験者を育てる企業というのはたくさんあるということになります。
もちろんやる気は問われますが、それはどの職種も一緒のこと。

ポイントは、やる気が起きる資格を持っているかどうか。
これに尽きると思います。

資格最大の魅力